体の豆知識を発信中!気になる方はこちらをクリック

肩こり・腰痛で辛い!そんな時は整体?鍼灸?どっち?にお答えします

肩こりも腰痛もあって辛いよ・・・街なかには沢山の整体院、鍼灸院があって、どこに行けばいいか分からないし・・・

この記事では、肩こりや腰痛の時に行く所には、それぞれどんな特徴があるのか。そして、実際に肩こりや腰痛の時はどこに行けばいいのかを書いていきます。どっちに行けばいいの?というあなたの迷いを少しでも取り除けますように。

【1】まずは整形外科で検査を受けよう

肩が痛い、腰が痛いといった症状が出た場合、まぁいつものことだからな・・・ちょっと我慢しておけばいいだろうと考える方も多いと思います。
しかし、この症状には、実は病気が隠れていることもあります。
胸が締めつけられるような痛みと同時に左側の背中や肩に強い痛みを感じる。こうした場合、「心筋梗塞」、「狭心症」など、心臓の病気による肩の痛みが疑われます。また、頚椎椎間板ヘルニアといった首の疾患が原因で肩が痛いといった症状が出ることもあります。
また、腰が痛い時に考えられる病気は腎盂腎炎、腎結石などの腎臓疾患。尿路結石や卵管炎、子宮外妊娠子宮内膜症なども考えられます。
体の内部の状況を正確に把握するためには、医療機関での画像検査(レントゲン・CT・MRI・エコーなど)を受けなくてはなりません。
耐え難い痛みの場合は、病気が隠れている場合もあるので、まずは整形外科で診断を仰ぐとよいと思います。

【2】鍼灸院の肩こり・腰痛治療とは?

しかし、整形外科では特に異常が見つからずに、「様子をみてみましょうねー」と言われることも多いのが現状です。
肩は痛いのに、何もしてくれないのか・・・と途方に暮れると思います。そんな時に頼ってもらいたい所が鍼灸院です。
では、鍼灸院ではどのような治療をするのでしょうか。
鍼灸院では身体の外に出ている情報を読み取ったり、実際にお話を聞く中で、身体の中でどのようなことが起きているのかを推測しながら、治療計画を立てていきます。
鍼灸院で施術を行っている人は、はり師やきゅう師といった国家資格を持っている人々です。これらの国家資格を持った身体のプロが実際に身体を触りながら、症状に合ったツボや筋肉などに鍼や灸をしていきます。
肩こりの原因が筋肉の使いすぎだけでなく、実はイライラが原因だったりすることもあり、その治療をすることにより、肩の痛みもなくなったということもあります。
鍼灸院の中には、東洋医学的な考え方で治療を行うところと、西洋医学的な考え方で治療を行うところがあります。自分に合った方法で治療を行ってくれる所を探すと良いと思います。
どちらにせよ、あなたの話をよく聞いてくれ、原因を色々な角度から探ってくれ、実際に身体を触ってくれるので、何もしてくれない・・・ということにはならないと思います。

【3】整体院って何?マッサージという言葉には要注意

街なかでよく見かける整体院。整体院という所で施術を行っている方は、とても優秀な方も沢山いらっしゃるのですが、数時間研修を受けただけでお客様の身体を触っているような方がいることも事実です。また、マッサージという言葉を使ってよいのは「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格を保有している者のみです。あん摩マッサージ指圧師という資格を持っていない人が、〇〇マッサージといってお店で使っているのは、法律の隙間をついたグレーゾーンです。
私見なのですが、PT(理学療法士)といった資格を持った方が開いている整体院は、身体のプロが病院の保険診療内の治療という枠から飛び出て、自費診療で行っているので、現在出ている痛みに対するアプローチもきちんとやってくれると思っています。
どんな人がやっている整体院なのか?を調べてからいくことと、基本的にリラクゼーション目的の整体院が多いということも念頭に置く必要があります。

最後に:肩こり腰痛には鍼灸院という選択肢を

この記事では、肩こりや腰痛の時には、どこに行けばよいのか?を書いていきました。
基本的に、耐え難い痛みの場合は、まずは整形外科で診断を仰ぐのがベストだと思います。
その上で、整形外科的に見て、とくに異常がなければ、鍼灸院へ行ってみる!という選択肢を持って頂ければと思います。

タラマイ
公式LINEにて女性特有のお悩みについてのご相談もお受けしています。
公式LINEではお体のことや心のことのプチ情報も発信しています。ご登録して頂きお気軽の覗きにきてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です