体の豆知識発信中!こちらをクリック

熊本で喉のつかえで悩んでいる妊婦さんへ!原因と対策

妊娠してつわりも始まり、何だか不安。最近は、喉の奥?に詰まっている感じもあって何だか不快…
咳払いをしても取れない!何だか喉がつっかえている感じありませんか?この記事では熊本の鍼灸師が妊娠期にも多い、なぜ喉のつっかえ感が出るのか?について書いています。

【1】喉のつかえ?どんな症状?

妊娠初期から妊娠後期にかけてどの段階でも起こる喉の不快感。実際には、どんな症状が出るのでしょうか?

妊娠期の喉の不快感症状
  • のどの奥に何かつっかかる感じ
  • 咳払いをしてもずっと喉に不快感がある
  • 痰を出そうとするが出ずに嘔吐につながることも…

実際に、smile houseにもいらっしゃった妊婦さんにも、喉仏あたりにもう、ぶすっと鍼を刺して欲しい!!と言われたこともあるくらい、本人にとってとっても辛い症状が出るのが妊娠期の喉の不快感です。

【2】喉のつかえの正体とは?梅核気?

この、のどの不快感を調べる為に、病院を受診する方も多くいます。しかし、病院でいくら検査しても診断が出ず、気のせいですね…で終わるのがこの喉のつかえの辛い所…。
しかし、東洋医学的には、この喉のつかえ感には、名前がついているものがあります。
それが、梅核気(ばいかくき)と呼ばれるものです。のどに、あたかも梅の種があるように感じることから、梅核気と呼ばれています。この梅核気の多くは、ストレスなどの影響で情緒が不安定になる事により発症すると考えられています。
妊娠期、特に始めての妊娠の場合、妊娠に対しての不安、出産に対しての不安、育児に対しての不安。見えない沢山の不安が押し寄せることで、ストレスを感じ、発症している事が多いと思います。

【3】喉のつかえを取るには?

こんな事を言ったら、元も子もないのですが、妊娠に対する不安で起きた喉のつかえならば、妊娠の終わり=出産すれば梅核気はなくなります。出産に対しての不安で出来た梅核気ならば、出産すればなくなります。
しかし、それまではどうするの〜?という方にオススメなのが、鍼灸治療です。梅核気というのは、のどに気が滞ったもの。この滞りを流してあげれば、症状も緩和していきます。

最後に:妊娠期の喉のつかえ感には鍼灸もオススメ

なんで?病院に行っても分からなかった妊娠期のこの喉のつっかかり感。ちゃんと、原因があるんです!原因が分かれば、対処が出来る!鍼灸治療で、喉の不調を改善し、マタニティライフを快適に過ごして頂ければ嬉しいです!

熊本市で鍼灸院マッサージ院をしているタラマイは、妊産婦協会・産前産後スクールにて産前産後の知識を随時学んでおります。安産に向けた体づくりを一緒にしていきましょう!
お困りのときは、ぜひ思い出してみてくださいね!

タラマイ
公式LINEにて女性特有のお悩みについてのご相談もお受けしています。
公式LINEではお体のことや心のことのプチ情報も発信しています。ご登録して頂きお気軽の覗きにきてください。

熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘(武蔵塚駅徒歩5分)にある鍼灸院 たら鍼灸マッサージ院のタラマイがあなたのお悩みを聞き、解決策をプロデュースします!
鍼灸・美容鍼・マッサージ・アロママッサージ・カウンセリング・運動のオンラインチャンネル(BOUBOU channel)を組み合わせあなたを全力サポートいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です