体の豆知識を発信中!気になる方はこちらをクリック

鍼灸治療が合わないかも?と思っている人必見|実はそれ好転反応かも!

花笑さん
この間初めて鍼灸治療を受けてみたのですが、私の体質には合わない気がして・・・

と落ち込んでいた花笑さん。よくよく話を聞いてみると、その反応は体質が合わないせいではなく、好転反応かもしれないな!と。鍼灸が自分に合わないな・・・と決める前に一度症状を確認してみてくださいね。

 

【1】鍼灸を受ける時に注意すべき体質は?

ずはり、鍼灸治療を受ける際に注意すべきは、金属アレルギー体質かどうかです。
鍼の原料はスレンレス鋼線を使用しており、一般的に金属アレルギーが出にくいと言われています。しかし、スレンレスでもアレルギー反応が出る方も中にはいらっしゃるので、その際は施術者に申し出てくださいね。刺さない鍼やマッサージで対応してくれると思いますよ。

【2】体質が合わないではなく好転反応かも!?

花笑さん
私、金属アレルギーはないので、鍼灸治療で注意すべき体質ではないんですね!私は鍼灸治療を受けた後に熱っぽくなって、身体がだるくなるような症状が出ました

鍼灸治療を受けた後に、熱ぽくなったり、身体がだるくなったりする反応は、外からの刺激に対して、身体が自分自身で回復しようとする反応であり、その反応の課程で出る症状になります。
これは、好転反応と呼ばれます。この症状がおきるのは、細胞が活性化されている・溜まった有害物質が排出される・リンパや血液の流れが活発になるなどの原因が考えられ、症状は回復の前の予兆であり、2〜3日ほど経てばすっかり良くなるといわれています。
以下の記事に好転反応について詳しく書いていますので、ご覧ください。

 

【3】体質ではなく治療効果には心理的な要因も関係する

鍼灸治療に限らず、治療を受ける際に誰にやってもらうのかによる安心感の違いから、治療効果に差異が出ることはあります。この人大丈夫かな?ちょっと怖いな・・・と思う人に施術してもらうよりも、この人に施術してもらいたい!という人を見つけると治療効果も変わってきます(=鍼灸治療を受けると身体が楽になる)
少しでも安心して治療を受けられる人と出会え、あなたの身体が楽になると嬉しいです。

 

最後に:

この記事では、鍼灸治療で注意すべき体質についてお伝えしました。治療後に出ている症状によっては、好転反応の可能性も多いにあるので、2〜3日様子をみてからご判断くださいね。

今回は鍼灸治療に合わない体質とは?ついてお伝えしましたが、公式LINEにて女性特有のお悩みについてのご相談もお受けしています。また、今だけご登録して頂いた方には、お体のお悩み等について女性鍼灸マッサージ師であり3児の母であるタラマイによる個別相談30分間無料のプレゼントをしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です