体の豆知識を発信中!気になる方はこちらをクリック

辛い花粉症緩和ツボ3選|が一朝一夕に花粉症改善はならず!?

鼻がむずむず目もかゆい…そろそろこの季節か

2月終わりから3月頃にかけてスギ花粉が舞い始める時期です。この時期になると花粉症の症状に悩ませる方も多くなると思います。4人に一人が花粉症に悩まされているこの時代。
この記事では、女性鍼灸師が花粉症の症状緩和のツボと花粉症改善の為の養生についてもお伝えします!

【1】花粉症のメカニズムとは

花粉症とは簡単に言えば、体が花粉を異物と認定し排出しようとする作用(免疫反応)のことを言います。花粉症の人は花粉に対するIgE抗体(リンパ球内の抗体)がたくさん作られていて、このIgE抗体が肥満細胞(別名マスト細胞)に結合します。その後再び体内に花粉(アレルゲン)が入ることで花粉は異物!排出せよ!という抗原抗体反応が起き、マスト細胞からヒスタミンという物質が放出され、鼻や眼などの神経が刺激されることで、くしゃみ、鼻水、鼻閉や眼の痒みが発症します。
ヒスタミンなどの物質が知覚神経を刺激し、くしゃみ中枢が刺激されればくしゃみが出る、分泌腺に伝達すれば鼻水が出る、鼻の中の鼻甲介に炎症が起きれば鼻詰まりがおきるという仕組みになります。目も同様に、物質が血管を拡張し刺激すれば充血をし、知覚神経を刺激すれば目が痒くなり、涙腺を刺激すれば涙が出るという具合になります。

【2】花粉症対策の養生とは

1.アレルゲンとの接触を避ける

花粉症の方ならアレルゲン(花粉)との接触を避けることは意識的に行っていることも多いと思います。具体的に、花粉飛散量が多い日の外出は控える。外出する前に、マスクやメガネを着用する。家に入る前に花粉を払い落す。帰宅後は、手洗い・洗顔・うがいをする。屋内では、洗濯物をなるべく屋内に干すなどが挙げられます。

2.免疫機能をニュートラルに保つ

免疫力が高ければ高い方が良いと思っている方も多いと思うのですが、高すぎる免疫力も実は問題ありなのです。花粉に過剰に反応しすぎてしまう花粉症は、特定のアレルゲン(花粉)が体に入ってき際、免疫力が高すぎて、本来なら反応しなくていい花粉にまで免疫機能が働いてしまうのです。
免疫は、高過ぎてもダメ。低過ぎてもダメ。シーソーのバランスがどちらに傾いてもダメで、攻撃する免疫と抑制する免疫のバランスが適正に取れていることが健康的に免疫機能が維持されている状態といえ、体が健康であるといえるのです。自律神経のバランスを整え、腸内環境を整え基本の生活を見直すことが大事です。

3.体質改善をする

まずは、睡眠です。睡眠不足とストレスは自律神経を乱す原因の一つです。この自律神経のバランスが崩れることにより、アレルギー反応も出やすくなります。睡眠の質をしっかり高める為に23時には布団に入り、3時間以上はぐっすり眠れる時間を作りましょう!
次に食事。腸内環境は、アレルギーとも関わりがあり、出来る限り、胃や腸に負担をかけない食生活を心がけることが大事です。
また、アレルギーによる鼻の症状には、冷えているタイプと熱をもっているタイプがあります。冷えているタイプは水っぽい鼻水が特徴で、刺激の強い食べものを避け、「気」を補う食材(生姜やネギの体を温める物)をとります。一方、熱をもっているタイプは粘りけのある鼻水が特徴で、熱をとる食材(ミントや柑橘系)をとると良いです。

以上3つの養生は花粉症シーズンだけでなく、日頃から意識して行うことにより、翌シーズンの花粉症を改善する働きがあります。日々コツコツ養生していきましょう。

【3】花粉症の症状を緩和するツボ3選

来シーズンに向けての花粉症改善の為に日々の養生は頑張るとして、今ある花粉症の症状を少しでも緩和したいですよね。今回は、3つのツボをお伝えします!

1.印堂:いんどう

場所:眉と眉の中間にあります。インドの方が眉間につけているあの赤い印の場所です!
親指の腹でツボをあてゆっくりと小さな円を描くように押してみてください。

2.迎香:げいこう

場所:小鼻の横にある、鼻孔のすぐ外側にあります。
中指の腹でツボをあてゆっくりと小さな円を描くように押してみてください。

迎香のすぐ上にある上迎香(鼻通)というツボも鼻水や鼻づまりだけではなく、くしゃみなど鼻に関係するすべての症状を和らげるツボになりますので、鼻周りを全体的に色々押してあげると良いです。

3.攅竹:さんちく

場所:眉毛のつけ根の内側。眉頭のくぼんだ部分。左右にあります。
親指の腹でツボをゆっくり押してみてください。

以上3つの他にも、足三里(あしさんり)というツボは、免疫力アップ、胃の調子をよくする、粘膜を強くするなど、さまざまな作用がある万能ツボです。鼻づまりをよくする効果もあります。

最後に:花粉症改善には日々の養生を!症状緩和にはツボ押しを!

花粉症にお悩みの方がツボ押しで少しでも症状が緩和され、日々の養生で来シーズンの花粉症の症状が改善することを願っています。また、鍼灸治療では、体質改善や花粉症に対する様々なアプローチも出来るのでオススメです。

タラマイ
公式LINEにて女性特有のお悩みについてのご相談もお受けしています。
公式LINEではお体のことや心のことのプチ情報も発信しています。ご登録して頂きお気軽の覗きにきてください。

熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘の鍼灸院 たら鍼灸マッサージ院のタラマイがあなたのお悩みを聞き、解決策をプロデュースします!
鍼灸・美容鍼・マッサージ・アロママッサージ・カウンセリング・運動のオンラインチャンネル(BOUBOU channel)を組み合わせあなたを全力サポートいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です