体の豆知識を発信中!気になる方はこちらをクリック

我が家の働き方改革によりお客様に知って頂きたいタラマイの想い

タラマイ
2020年7月9日木曜日9:30に熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘にてsmile houseたら鍼灸マッサージ院を再スタートさせます。
元々は縁もゆかりもない沖縄という場所で始めた鍼灸院。
沢山の素敵な出会いにより、多くの方を鍼灸やマッサージにより笑顔になって頂きました。
しかし、この度地元熊本に戻ってきたのはある想いがあってのことです。
その想いとはなにか?を書かせて頂こうと思います。

【1】働き方を考える

なぜ働くのか?大義名分はある。私の治療院のコンセプトは、“女性の身体と心を笑顔にする”であり、2022年に設立する予定の会社のコンセプトは、“子育て世代に笑顔を”である。
では、誰の為に働くのか?もちろん、仕事が大好きだし、やりがいも感じているので、そんな自分の欲求を満たす為に働き、世の中に還元していきたいという気持ちはある。
しかし、三児の母として、子ども達にご飯を食べさせ、やりたい事を我慢させないように、お金を稼ぐこと。子ども達から笑顔を奪わないこと。これを実現したいから私は働くのである。

この想いは、我々夫婦の想いでもある。

沖縄での生活を振り返ると、平日はワンオペ育児をしていた。旦那さんの帰りは23時を過ぎることも多く、土日も仕事です!ということもよくあった。
ワンオペ育児でも、子ども達の調子がよく、お風呂もサッと入ってくれ、ご飯もサッと食べてくれたら、私も楽で寝る前に絵本でも読もっか!となる。
しかし、ちょっとでも子ども達が自分の思うように動いてくれなかったり、調子が出ないでいると、気持ちに余裕がなくなり、イライラしてしまう。そんな時、5歳の長女はそんな空気を読み、いい子を演じてくれ、3歳の次女には「おかーたん、わらって!」と言ってくる。
まだまだ甘えたい年頃の子ども達に無理をさせている。

このままの働き方で良いのだろうか?と夫婦ふたりで考えるようになった。

【2】自分たちの生い立ちを振り返る

私たち夫婦は、会社員の両親の元に生まれた。共働きでフルタイムで働き、私たちを育ててくれた両親。そんな両親とは、夕ご飯を毎日一緒に食べ、土日は遊びに連れて行ってくれたり、部活動の試合があればどこへでも応援に来てくれた。運動公園で家族でサッカーをした記憶もある。菊南スイミングスクールの帰りにアイスを買ってもらうのを楽しみにしていた記憶もある。ドライブしようと遠くまで連れて行ってくれるのだが、いつも車酔いしてしまうのも記憶にある。笑
平日は仕事帰りにバタバタと夕ごはんを作ってくれ、家族みんなで「いただきます!」と言っていた。
私たち夫婦にとって、目指すべき姿は私たちの両親なのかもしれない。平日はしっかり働く、そして休みの日は子ども達としっかり過ごす。

【3】お客様にはごめんなさい

タラマイは、女性の身体と心を笑顔にしたいという想いで仕事をしています。これは私の素直な気持ちであり、仕事をないがしろにしたことはありません。
しかし、それと同じくらい大事なものが家族です。私には3人の子どもがいるのですが、この子ども達に私が私の両親にもらったように、沢山の思い出を作ってあげたい。

なので、土曜日は半日お休みを頂き、日曜・祝日はお休みを頂きます。

平日お仕事をされている方も沢山いらっしゃり、予約取りにくいな…と思われる方もいらっしゃると思います。しかし、お客様と同様、家族の時間も大事にしているというタラマイの想いを知っていただければと思います。

もちろん、smile house たら鍼灸マッサージ院にいらっしゃる際には、精一杯の施術をさせて頂き、
『あー、何だか今日一日頑張れそう♡』という気持ちで笑顔で帰れるようにします。

3児の母タラマイ、お客様と家族の為に日々がんばります!

そんなタラマイが提供するsmile house たら鍼灸マッサージ院のメニューはこちら

美容鍼-アロママッサージ-マッサージ-鍼灸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です