体の豆知識を発信中!気になる方はこちらをクリック

アロママッサージには効果がある?ない?アロマを使うメリットを紹介

花笑さん
アロママッサージってアロマを使っているってだけで少しお高いイメージがあるのですが、アロマを使う効果ってあるのかな?

アロママッサージの効果ないのでは?と思っている花笑さんの疑問に答えます。この記事では、マッサージにアロマを使うメリットをご紹介します。

【1】アロママッサージとは?

植物から抽出した100%天然の香り成分「精油」は、一般的に「アロマ」と呼ばれています。アロマの香り成分は鼻から入り、脳(大脳辺縁系)にダイレクトに働きかけるので、一瞬にして心に働きかけるパワーを持っています。
この精油(アロマ)と植物性のキャリアオイルを用いて全身をマッサージし、心身の健康を取り戻すリラクゼーション効果の高いマッサージのことをアロママッサージといいます。
アロマトリートメントと表記してあることもありますが、同じ意味です。(マッサージという言葉はあん摩マッサージ指圧師という国家資格を持った人しか使えないので、別の言い方で表記してあるだけです)

【2】アロママッサージの効果5つ

では、実際にアロマを使ってマッサージするとどんな効果が期待出来るのでしょうか?

1.リラックス効果

やはり、精油(アロマ)を使う一番のメリットはリラックス効果が高いということがあげられると思います。実際に私もお客様に提案する時に、今日はどんな気分ですか?とお聞きし、リラックスしたいです!とお答えされる方には、100%アロママッサージをお勧めしています。
終わったあとは、皆様一様に、はぁー、気持ちよかったーリラックス出来たーとおっしゃり、このままここで寝て帰りたいとおっしゃるほど、リラックスされています。笑
アロマの香りをかぐことで、心の緊張や不安を和らげ、リラックスする効果があるからですね。

2.むくみ解消で美脚効果

精油(アロマ)には、筋肉を和らげリンパや血液の流れを促進させる効果を持つものもあります。マッサージをすることでも、同じような効果が得られるので、マッサージとアロマを併用することにより、相乗効果で、むくみにもアプローチすることができます。

3.美肌効果

世界3大美女のクレオパトラも愛用していたというフランキンセンスなど、精油(アロマ)の中には、毛穴をひきしめたり、皮膚の傷を修復してくれたり、皮膚の細胞の成長を促してくれる作用を持つものもあります。
日焼け後のお肌、乾燥肌、にきびなど、お肌の状態に適した精油(アロマ)もあります。
私がやっているお顔のマッサージでは、フランキンセンスかラベンダーのどちらかの精油を選んで頂きマッサージをしているのですが、終わったあとのお肌のもっちりふっくら感が違い、精油の効果は実感しています。

4.肩こりなどの痛みを和らげる効果

肩こりの主な原因は、肩周りの筋肉のこりです。筋肉のこりがひどい場合には、痛みが出ることもあります。
血流を促進させ、痛みを和らげる精油(アロマ)を使い、マッサージをすると、相乗効果で肩の辛さがより緩和されると思います。

5.便秘解消など胃腸の働きを助ける効果

アロママッサージを受け、リラックスすることにより、副交感神経が優位になり、胃腸の動きも活発になります。背中のマッサージでは、さらに胃腸の働きを助けるツボも刺激しながら行いますので、施術中に胃がぎゅーっと動き出す方もいらっしゃいます。
また、施術の後に、便通が改善したという報告もよく受けます。

最後に:アロママッサージには様々な効果あり

この記事では、アロママッサージの効果ないのでは?と思っている花笑さんにマッサージにアロマを使うメリットをご紹介しました。
ぜひ、精油(アロマ)を使ったマッサージも受けてみてくださいね!

【和】-nagomi-プラン(アロママッサージ)【和】-nagomi-プランのご予約はこちらから

アロママッサージの画像

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です